これからSEO対策を行おうと検討している方、SEO対策も視野に入れてホームページ制作をしようと思っている方々にとって、正しい知識と運営についてご紹介しています。

TOP > ECサイト構築

買う人の労力を減らしたいECサイト構築

店舗で物を買う時には欲しい商品をレジに持って行ってお会計をするとその場ですぐに買う事ができます。

しかし、ネットショッピングで物を買うというのはネットの画面に従って読まないといけない情報が多く、入力しないといけない情報も多いとなると時間や労力がかかります。

時間がない時には後回しにされてしまって結局買ってもらえないという事もあるかもしれません。ECサイト構築では買う人の労力を減らす様に心がけたいですね。

例えばECサイト構築でよくあるのが、長い住所を入力する代わりに郵便番号を入力すると住所を自動的に入力してくれる機能をつけることで少しでも手間を省く事ができます。

ECサイト構築のためホームページ制作に関して検討しておきたいこと

ECサイト構築してネット通販可能なホームページ制作を行いたい小売店業者は多いと思われます。ネットを通じて販路を広げることは収益アップに繋がります。しかしながらECサイト構築前に検討すべき点がいくつかあります。

まずひとつは本当にECサイトが必要なのかということです。確かに販路は広がり収益が上がるように考えられますが構築には費用と時間がかかります。それだけに見合った収益が上る見込みがあるか?ということです。

もう一点はどのようなサイトにしたいかアイディアがまとまっているか?ということです。どのようなサイトにしたいか構想がまとまっていないと自身も満足がいかず顧客が繰り返し訪れるかどうか不明なサイトになってしまいます。

ECサイト構築のパッケージの選び方

ECサイト構築にはさまざまな方法がありますが、ホームページ作成の時と同様に、パッケージで構築すると自社独自の仕様にカスタマイズしていくことが可能です。 選ぶ際には初期費用だけでなく、”何を実現したいか”ということを考えて、必要な機能がそろっているパッケージを選びましょう。

ECサイト構築構築後に必要な機能を追加しようとした場合、多大なコストがかかる可能性が大きいからです。また同時に、カスタマイズする際には仕様設計も重要です。そのためにも、窓口となる担当がしっかりと意図を組んでくれるかも見極めていきましょう。

ECサイト構築とホームページ作成に関連する記事

ユーザーの立場を意識したECサイト構築

ECサイト構築を行なう時にはユーザーの立場を意識しないといけません。

ユーザーはどのような環境で自分のECサイトを閲覧しているかわかりません。ECサイト構築は自分のPCだけで良く見えるのではなく、他のどんな環境で見た時にも同じ様にきれいに見えないといけません。

ECサイト構築を行なってもインターネットを行なう環境によって見え方が違う事もあります。その事をしっかりと意識しておかないといけません。どの様な環境でもきれいに見える様なECサイト構築を心がける必要があるのではないでしょうか。

ECサイト構築にかかる費用は?

ECサイト構築の費用は、その規模にもよりますし、サイトの基盤はWebデザイナーに作って貰い、自身で更新していけるようにCMSを導入して貰うといったオプションもありますので、一概には費用を言うことはできませんが大体30万程度で基盤となるものは作ってくれます。しかし、あくまでも委託してのECサイトの構築なのでサイトの規模やオプションなどにより価格は変動します。

もちろん、ご自身でECサイト構築ができるスキルがあるのならば、一切サイト制作に関してお金はかかりません。 依頼する業者によっても見積もりの値段は違うので、複数に見積もりを頼むのが良いでしょう。

ECサイト構築に欠かせない企画書

ECサイト構築をしなければ、激しい顧客獲得戦を繰り広げる現代社会において、勝者になる事は出来ません。 今や経営母体の大小に関わらずECサイト構築を実施しており、実店舗並にウェブ上のネットショップのいち付が重要視されています。

ECサイト構築を行う場合は綿密に企画書を先に制作しなければいけません。 行き当たりばったりでは計画が破綻します。 サイトのコンセプトやデザインやイメージカラー、そしてレイアウト、意図するユーザーの属性などを企画書の段階でよく練っておきましょう。 そういったたたき台を作る事で会議は捗ります。

メニュー

TOP SEO対策 SEO seo会社 ホームページ作成大阪 ECサイト構築